コーヒー一覧

コーヒー

数日前、アイスコーヒーを落としてみました。夏ですねー。

ちなみにお豆は「ケニア」です。

前までわたしはイタリアンやフレンチローストが好みだったのですが、最近はアフリカ系にはまっています。エキゾチックで不思議な香りがたまらない!!

ケニアはふつうにドリップで落としても美味しいし、アイスコーヒーでも風味が素敵です。

アイスコーヒーはいっぱいの氷を入れたところに直接落とすのが1番美味しいのです。

少し手間ですが、急冷するだけで味がぐんとアップします。

ケニアはオレンジやグレープフルーツの風味とすごく相性がいいので、ささっとおつまみにゼリーも作ってみました。

夕方遊びに来た友達とティータイムです。

アイスコーヒーのケニアとみかんゼリーが合うー!!

ホットだったら柑橘系タルトなんてのも最高です。

直接バレンシアシロップ入れるのもおすすめですよ。

最近コーヒーにはまり勉強中なのですが、詳しくなればなるほど、コーヒーがワインと似てると感じます。

コーヒーの味を味わうには、まず香りをかぎ、次にすすって(意外でしょ?)下の上にコーヒーをはわせます。

そのときに下の両側のピリピリ具合で酸味がわかります。

酸味が強いコーヒーはここがかなりピリピリします。

そしてゴクリと飲み、コクを感じやすい後味を味わいます。

基本的には酸味の強いものはコクが弱くサッパリ飲めるものが多く、朝の一杯におすすめです。

このようにして1杯1杯を飲み比べてみると、コーヒーによってかなり味が違うことがわかります。

更にそのコーヒーの産地や加工法、焙煎具合を覚えると、その表記を見ただけでどんな風味なのか想像することが出来ます。

他にもとても興味深いのがフードペアリングと呼ばれる食べ合わせです。

これによって風味が変わるので、同じコーヒーの中にも、また新たな発見があります。

食べ合わせが合わないと、風味が渋くなったりまずくなったり。

相性がいいとコーヒーのコクに甘みが出たり、風味が引き立ったり、本当ワインみたいです。

しばらくお菓子作りはしていなかったけど、コーヒーに合わせて色々作ってみようかななんて思いました。

トヨタ86の値引き

スーツケース放浪

何かものを買う時は比較検討が基本ですよね。一店舗だけで決めると本当にそれが最善のものだったのかどうか、わからないというのが本音ではないでしょうか。

先日、友人がスーツケースを買うというので付き合いました。最初はモールの中のカバン屋さん。友人が狙っていたメーカーは、あるにはあったのですが、ちょっとサイズが小さいもの、あるいは大きすぎるもの、はたまた色がかわいくないものしか置いてないんです。女ですから、かわいいものが欲しい。それはあきらめられません。次はデパートのトラベル用品店。ここはさすがの品ぞろえでした。欲しいと思ったものは二つありまして、一つは三泊程度用のフレーム部分がファスナーになっているもの。これ、見た目のデザインは文句なしにかわいいんですけれど、なんといっても一泊から三泊用です。店員さん曰く、「夏なら三泊いけます」とのこと。じゃあ冬は駄目じゃないですか。しかも、お土産を入れて帰ることを考えると足りないことになります。もう一つは54リットルの、金属フレームのもの。色はとろりとしたチョコレート色で丈夫そうですし、大きさもなんとか友人が扱えそうでした。5泊から7泊用。ただお値段が張るんですね。2万5千円です。もっと安い物はないのかとその場を後にしました。

次のお店ではリモワのスーツケースにやはり惹かれました。まぁ、性能がよさそうですよね。いかにも。お値段も高そうでしたけれど。私は「世界遺産スマイルプロジェクト」のスーツケースが気に入りました。もう見た目が可愛いのですよ。売上の一部がユネスコに寄付されますし、ロゴが世界遺産になってるんですね。モアイ像とかタージマハルとか。フレームがファスナーですけど、それなりにしっかりしたつくりだし、と思って友人にさりげなくすすめたんですが「デザインがふざけてる」と一蹴されました。そんな。色かわいいよ?

次の店ではセールで安くなっているスーツケースがありまして、店員さんもいい人だったんですが、鍵がダイヤルロックだけでして、それはなんとなく不安。ということで結局二番目のお店でチョコレート色のイノベータ―の製品を買いました。

多少値は張っても、そんなにしょっちゅう買うものじゃありませんから、妥協のないものを買う方がよいと思います。会計後、中身が空のスーツケースをごろごろ引く友人は「もう旅行気分だよ」と楽しそうでした。